相手に依存や執着を感じさせない方が良い理由とその方法

別れた彼氏と復縁をしたいと思うのは、当然まだ彼のことが好きで未練があるからです。
しかし復縁行動を取る際に「あなたがいないとダメ」「絶対に復縁したい」などと言ってしまい、彼に依存心や執着心をが強いことが分かると返って警戒されてしまうものです。
スムーズに復縁したいのならば彼に必要以上に依存や執着をしない方が良い理由と、その為にはどうすれば良いのかについて紹介します。

彼の方が優位に立ってしまう

いつまでも彼に対して追いすがる様子を見せると、彼にとってはあなたの全ての言動が復縁したいからと自分のご機嫌伺いをしている様に感じられます。
メールを送っても「何か期待されている」、偶然街中でバッタり出会っても「最初から待っていたのではないか」などと疑われてしまいます。
彼にとっては追い回されるだけ自分の方が優位に立つことになり、あなたのことを大切な存在に感じなくなるのです。

一度別れたのだから、彼にもそれなりの事情があるに違いありません。
別れた後ではあなたの顔を見たくもないと思っている筈です。
一刻も早く忘れたいと思っているのに依存や執着をすると、「重たい女」と思われてしまいます。
「こんな重たい女と別れて良かった」と思われるだけではなく、メールアドレスを変えられたり極端な場合には引っ越されるなど、彼が明らかにあなたから逃げる行動を取る様になります。

彼の印象が悪くなる

あなたが彼に対して依存や執着をし続けると、周囲からは「可哀そうな女性」と思われます。
そして別れた彼に対しては「一人の女性を不幸にした男」という評判が立ってしまいます。
恋愛ですからお互い愛し合えなければ破局しても仕方ないのですが、「まだ好きなのに」という女性の気持ちを無視することで男性が悪者になってしまうのです。
あなたにとっては周囲を味方につけるという一つの戦略だったとしても、彼にとっては腹立たしいに違いありません。
自分が悪い様に周囲から思われるのが嫌で、一切あなたとの接触を拒否する様になるでしょう。

「お願いだから一度だけでも会って話をさせて」とすがるのは逆効果で、彼にしてみれば既に終わったことなのに何故「一度だけ」と持ち出すのか理解できません。
しまいには「二度と関わらないで欲しい」と言われる可能性があります。

良い友達に戻れなくなる

彼と復縁する一番の近道は、良い友人として二人でわだかまりなく会える様になることです。
友人同士から始まり少しずつ心を開いてくれる様に導き、最終的に復縁を切り出すのが一番自然な方法です。
しかしいつまでも彼に依存や執着をしていると、彼としてはあなたの恋愛感情がまだ残っているのが不安で友人として付き合うことができません。

一度二人の仲をリセットして、少しずつ距離を縮めていくことを考えると、まず彼に対する愛情の残り火を完全に消し去ることが大切です。

彼への依存や執着をなくすには

彼への依存や執着をなくすには、自分から新しい行動をおこしていくことです。
ダイエットを始めたりエステに通ったり、習い事を始めるのも良いでしょう。
彼とは全く関係のない人たちと付き合うことで、一切話題に触れない様にもできます。
毎日新しい刺激を感じることで、彼への依存心や執着心が一度完全にリセットできます。
彼がいなくても行動できる世界があると理解すれば、段々と強い依存心や執着心は薄れてきます。

終わりに

復縁を成功させたいと強く思うあまりに彼に対してつい感情的になってしまう人もいます。
しかし彼とは一度終わった関係であり、以前の様に「好き」と言っても100%好意的に受け取って貰えるとは限りません。
まずは彼に対して依存や執着を感じさせずに、「一人の人間として尊敬している」という態度を見せることから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です