復縁したい、彼にメールを送るならば12月以外にした方が良い理由

彼と復縁したいと思ったら、冷却期間を置いてタイミング良く彼にメールを送ることが大切です。
このタイミングというのは重要で、時期を間違えると逆効果になってしまいます。
特に12月になってから彼にメールを送るのは避けた方が良いと言われている理由について紹介します。

クリスマスに復縁を期待しているのがバレバレで警戒される

12月といえば大きなイベントとしてクリスマスがあります。
今や日本ではクリスマスは恋人の為のイベントと言っても過言ではなく、社会的に恋人向けのサービスや商戦が繰り広げられています。
こちら側の意図としてはもちろんクリスマスまでに復縁して、彼とラブラブなイブを過ごしたいと思うものです。
しかし12月になって復縁メールを送ると、彼にとっては復縁を期待しているのがバレバレなだけに警戒されてしまいます。
うっかり返事をしたら「会いたい」と言ってきて、クリスマスの日に約束を入れられてしまうのではないかと思う男性もいます。

世間が浮き足立ってクリスマスに向けて準備をしている時にはあえてスルーした方が良いでしょう。
クリスマスに周囲が楽しそうにしているのを眺めながら彼が「今年は一人で寂しいな」と思う様にした方が効果的です。

仕事や付き合いで忙しくて復縁どころではない

一般的に12月は「師走」と言われる程で、どこの企業でも仕事の量が増えるものです。
クリスマスに時間通り終れる会社というのはそうそうなく、中には深夜まで残業をしている人も多いのです。
更にはクリスマスには会社やプライベートの付き合いでも「忘年会」や「送迎会」というものがあります。
仕事が忙しい上に飲み会の予定がぎっしり詰まっていると、復縁のメールを貰っても「この忙しいのに何を言っているんだ」と思われてしまいます。

12月は個人的にも忙しいという人が多く、プライベートで感情が関わることには不向きな時期です。
復縁メールを送るならば気持ちがゆったりと落ち着く正月明けを狙った方が効果的です。

彼に新しい恋人できている場合には絶対にNG

別れた彼に既に新しい恋人ができている可能性もあります。
そうなるとクリスマスともあり、彼は新しい恋人とどうやって楽しく過ごそうかと色々とアイデアを巡らしているところでしょう。
或いは彼に密かに意中の女性ができて、クリスマスをきっかけに告白しようと考えている場合もあります。
そんな時にあなたから復縁のメールが来ると、彼は「人の邪魔をしようとしているのか」と思ってしまうこともあります。
そして返って新しい彼女との絆を深くしてしまう可能性もあるのです。

彼に新しい彼女ができている場合、或いは全く現在どんな状況か分からない場合にはクリスマスは避けた方が良いでしょう。

日本人の習慣として古いものを呼び起こしたくない

日本人は昔から季節の風習を大切にします。
12月は1年間を振り返り、反省をしたり古いものを処分して新年へ向けて気持ちを切り替える時期です。
恋愛が破局したことも早く忘れて来年へ向けて気持ちの整理をしようと思っているかもしれません。
そんな時期に復縁メールが来ると、「折角忘れようとしているところに余計なことをして」と思われる可能性もあります。

日本的なしきたりを重んじるならば、12月という「締め」の時期よりも新年にメールを送った方が相手も受け入れ易いでしょう。

終わりに

クリスマスに一人ぼっちなのはとても寂しく感じるものです。
しかしだからこそ彼と一緒に過ごせた時間がどんなに楽しかったかを実感できるのです。
別れたことを真摯に受け止めて反省する為にも、一年で一番賑やかな12月に復縁行動をするのは避け、お正月まで我慢した方が良いでしょう。

復縁したい方へおすすめの復縁占い
http://fukuenaibee.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です