意外なところでほうれい線の原因となっている4つの生活習慣

アラサー年齢になると気になり出すほうれい線、老けて見られる原因のひとつです。
ほうれい線はいつの間にか出来ているものです。
しかし日常生活のちょっとしたことに注意すれば、ほうれい線が目立つのを防ぐことができるのです。

食べ物をよく噛まない人

噛むことは顎の骨を鍛えることになると共に、口の周囲の筋肉を鍛えることにもなります。
よく噛む人はそれだけ口の周囲の筋肉が運動しているので、頬のたるみを防ぐことができるのです。
柔らかいものばかり食べたり、すぐに水を飲んで流し込んでしまう食べ方をする人は、最低30回はしっかりと噛むように心掛けましょう。

スマホをいじってばかりいる人

どこでも必ずスマホをいじっているのは現代人によくある光景です。
しかしいつでも下を向いていると、頬の筋肉も下に落ちてしまいます。
鏡を見ながら下を向くと、頬が垂れているのが分かることでしょう。
スマホばかりをいじっていると、頬の筋肉がいつしかたるんでしまうものなのです。

ケイタイやスマホ、メールに依存している人

頬は筋肉でできていますので、使わないと減少してしまいます。
口で放さず、無表情にメールやラインに依存している人はそれだけ顔の筋肉を使う機会が少なくなるのです。
いつも真顔でメールに依存している人は、生身の人間と対面するように心掛けましょう。

口が開けている人

しっかりと歯を合わせて口を閉めて入る状態と言うは、意外と頬の力を使うおのです。
いつでも口を開けている人は、頬の筋力が落ちているのですぐにたるんでくるでしょう。

終わりに

ほうれい線は、一度できてしまうと中々解消するのは難しいものです。
「最近顔がたるんで来たかな」と思ったら、すぐに上記に心当たりがないかチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です