ダイエットの天敵!どうしてもお腹が空いた時の対処方法とは?

食べちゃいけないとぐっと我慢し続けていると、少しづつイライラが溜まっていきしまいには爆発してドカ食いしてしまい、今までの努力が水の泡
なんてことは、ダイエットをしているとよくありますが、この暴走を食い止めるにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで、お腹の空いた時の対処方法をご紹介していきます。

ダイエットの天敵!どうしてもお腹が空いた時の対処方法とは?

お腹が空いている状態というのは、脳が直接身体に「空腹」を訴えているわけですが、肝臓の中に含まれている「グリコーゲン」が低下すると血糖値
も下がっていき、脳が空腹状態であることを伝えてきます。

要するに、空腹を感じると血糖値が下がり、食べ物が胃に入ることで血糖値が上がり脳が満足するといった仕組みです。

脂肪が空腹状態の時燃える

脳が空腹を訴えた場合、すぐに食べ物が供給されないと、体内にある脂肪を燃やしてエネルギーに転換しますが、空腹を感じていない時に食べ物を摂取すると、
その分のエネルギーは脂肪として蓄えられますので、結果として「肥満」に近づいていくのです。

ダイエットに打ち勝つ!空腹に打ち勝つ方法

丁寧に歯を磨く

歯磨きをすれば、もう物をい食べれない状態という、気持ちの仕切りなおしができますので、もう食べることができない状態に自分を追いやってしまいます。

歯磨きにはさわやかなミント成分が入っているので、気持ちもまぎれますし、ミントの香りで食欲も抑えることができます。

ガムを噛んで脳を誤魔化す

ガムを噛むことで脳にある満腹中枢を刺激すると、何度も噛んでいるうちにもう食べた気持ちになり、満足感を得ることができます。

何度も噛むことが必要なするめやこんぶでも代用可能です。

お腹が減ったら水や炭酸水を飲む

水はお腹がふくれますし、炭酸水なら炭酸の力でより空腹感を解消することができます。

軽い運動で空腹感を誤魔化す

運動をすると、肝臓にある糖分が血液に流れ出ていき血糖値が上がるので、食欲制限効果のあるセロトニンの分泌を促し空腹感が満たされます。

おわりに

このほかに、柑橘系やミントの香りはイライラや空腹感を満たすことができます。

ダイエットの敵である空腹感を誤魔化しながら、より良いダイエットを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です