食べないのになぜ痩せない?無意識でしてる間違った食生活とは

ダイエットしようと決心し、毎日食事制限をしたり、普段からあまり食べない生活をしているのに、どうしても痩せないなどの悩みを抱えている方も多いかと思いますが、全体をよく見てみると間違った食生活を送っている方も多数いらっしゃいます。

そこで、無意識にやっている間違った食生活をご紹介しますので、参考にして下さいね。

食べないのになぜ痩せない?無意識でしてる間違った食生活とは

お腹が空いてないのに義務的に食べている

「あ、もう12時か〜お昼を食べなきゃ」と、お腹も空いていないのに12時になったからと機械的に食事をし、お腹も空いていないのにおやつをほおばっていると、過食気味になったり、消化しきれない糖分や脂肪が体内に残ってしまい、太る原因になってきます。

3食食べるのは大切かもしれませんが、遅く起きて朝食を取った後、お昼になったから食べるといった食生活では太るのも当たり前です。朝遅く食事をした場合には、お昼を控えるか少なめに取るように心がけましょう。

あまりかまずに丸呑みのように、あっという間に食べてしまう

たくさん夕食を食べたはずなのに、お腹がすいたからと寝る前に間食をしてしまうなど、変な時間帯に間食をしていませんか?

夜22時以降の食事は太る原因を作り出しますし、早くお腹が減るのは、よく噛んで食事をしていないことが原因です。人の脳は噛むことで満腹中枢を刺激し、自然と食欲を抑えてくれますし、噛んで食べることで消化吸収も良くなり、胃にも優しいだけでなく血糖値が上がり始めた頃にはもう満腹感を感じることができます。

だらだらと食事を続けてしまう

テレビや携帯・パソコンなどを観ながらいつまでもだらだらと食事を続けてしまうと、食事に集中できないので脳にまで食べている事が伝わらず、血糖値の上昇を妨げ、インスリンがずっと出続けることになり、他の部分にまで影響を及ぼしますし、結果としてたくさんの量を食べてしまうことへとつながります。

お菓子が食事代わり

食事を取る時間がない、めんどくさいからといって、お菓子を食事代わりにしてしまう女性も多いですが、お菓子はカロリーは高いですが人に必要なミネラルやビタミンが乏しく、到底食事の代用には向いていません。

おわりに

本人はきちんとしているつもりでも、間違った食生活をしている人も案外多いようです。

高いカロリーの食事をしたいのなら少量にとどめておくか、ゆっくり食事をして満腹感を感じやすくなるように配慮しながら、食事をとるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です