12星座別現実逃避度ランキング

現実から逃避行したい時って誰にでもありますよね。占いでもエスケープというのは良いことと認められているのですよ。でも、人によってはエスケープの規模も頻度も異なります。それを12星座別にまとめて、ランキングしてみました。

1位 射手座 現実逃避そのもの

未知の世界を目指しての冒険が射手座にとっての現実なので、本人にはなかなか逃避をしているという実感がわきません。マンネリの生活をしていると、それが仕事でも恋でも、すぐに他の事や場所、相手などに走ってしまいます。それを現実逃避と呼ぶならばどうぞ・・というのが射手座のスタンスです。

2位 獅子座 あくまで自分が中心になれるところへ

獅子座の人達ほどの現実逃避好きもなかなかいないでしょう。華やかな主人公でいたいという欲望があるので、輪の中心から外れてしまうと、蝶が花から花へとうつるように、自分が中心になれる場所に行ってしまいます。そんな場所がもうどこにもなければ、キャバクラやホストクラブでお金をかけてでも自分が中心になれるような場所を求めてしまうでしょう。

3位 天秤座 ズバリ浮気

天秤座の人はその字のとおり、バランス感覚に優れた人達です。でも、そのバランスが傾くと、とんでもない現実逃避をしてくれたりします。例えば、いつも同じ人とばかりお付き合いをしていると、もう他の人とお付き合いしたくてたまらなくなり、浮気に走るのです。天秤座の人に逃避行をさせないようにするには、自分の考えや趣味を押し付けたりしないことです。

4位 水瓶座 視野が狭くなると何をするのかわからない

いつも客観的な目で物事が見たい頭のよい水瓶座は、ルーチンワークが苦手です。どうしてもお得意の広い視野が狭くなってくることが理由です。そんな時に、狭くなった視野を思い切り広げるため、今の自分とは正反対の仕事に転職をしてしまうかも。そして、現実逃避が現実になってしまうという結果に。

5位 牡牛座  セレブな現実逃避

美しいものや美味しいものが大好きな牡牛座は、一人で美の探求をしたいという気持をいつも心のどこかに抱えています。美意識に関しては自分は特別で他者と異なると思っているので、ついつい人間関係で悩んでしまいます。そういう時に牡牛座は、おもいっきり散財してフルコース料理を一人で堪能していたり、その後はマッサージを受けてみたりなど、セレブな現実逃避をすることでしょう。

6位 牡羊座  突然の海外旅行

ダイナミックに未開の世界にチャレンジしていく牡羊座は、安定した生活や恋愛が退屈に感じてしまう時があります。今、自分を取り巻くすべてのことに平凡を感じてしまった時に、インドや東南アジアの聞いたこともない場所で海を眺めることが目的の、突然の海外旅行をしてしまったりすることもよくあります。

7位 蠍座 仮想恋人をでっちあげる

蠍座の人は付き合っている人がいても、どうしても自分が求める一体感が足らないと思いがちです。根気強いので大抵のことは我慢できますが、でも、もうダメ・・と蠍座に思わせると自分には他に恋人がいると相手に伝えて、現実逃避をすることがありそうです。それは今の相手にもっと自分に踏み込んでもらいたいからなのです。

8位 蟹座 別の仲間を探しに行く

いつも家族や仲間のことを想っている蟹座は、自分が想っている相手から、感謝されてないかもしれないと感じた時にストレスを感じます。そんな時にだけ自分一人で行動して、新しい場所で新しい仲間を求めにいきます。でも、この蟹座の逃避行は大体において失敗。新しい場所で人から冷たくあしらわれたような気がしてしまい、元の仲間のところに戻っていくのです。

9位 魚座 愛されていた日々を振り返る

魚座は周囲の人とうまくいかなくなったら、すぐに現実逃避をしてしまいます。ロマンチストなので、海に行ってみたり、過去の恋人との思い出の場所に行ってみたりなどして、愛されていた日々を思い出しに行きます。

10位 山羊座 ノスタルジーを感じたい

山羊座の人はすぐに結果の出ないような壮大なことにチャレンジをすることが好きです。そして意外と古風なので、昔を懐かしむ傾向があり。大きい事にチャレンジしている最中に行き詰ってしまったら、ノスタルジーを感じさせるオモチャやゲームにはまっているかもしれません。

11位 乙女座 勉強が現実逃避?!

乙女座はもっと人と深く交わりたいと考える自分と、心に踏み込んでほしくないと考える自分との葛藤で苦しみがちです。この葛藤が深くなると、『勉強をしよう』と前向きに考えて、モクモクと自分の仕事に必要なこと、または将来に備えてのお勉強に没頭してしまいます。現実逃避は乙女座の十八番ですが、他の星座の人ではこうにはいかないというくらいに前向きなのです。

12位 双子座  地味に友人と飲む 

双子座は好奇心旺盛で、いろいろなことに興味を持ちます。しかしその反面、人付き合いもも浅く広くなりすぎて、こんな軽い自分でいいのかなと悩むことも少なくないでしょう。そんな時に、何か一つの事に打ち込む前祝いのように、お友達と地味に飲み会をする程度かもしれませんね。