食べないのになぜ痩せない?無意識でしてる間違った食生活とは

ダイエットしようと決心し、毎日食事制限をしたり、普段からあまり食べない生活をしているのに、どうしても痩せないなどの悩みを抱えている方も多いかと思いますが、全体をよく見てみると間違った食生活を送っている方も多数いらっしゃいます。

そこで、無意識にやっている間違った食生活をご紹介しますので、参考にして下さいね。

食べないのになぜ痩せない?無意識でしてる間違った食生活とは

お腹が空いてないのに義務的に食べている

「あ、もう12時か〜お昼を食べなきゃ」と、お腹も空いていないのに12時になったからと機械的に食事をし、お腹も空いていないのにおやつをほおばっていると、過食気味になったり、消化しきれない糖分や脂肪が体内に残ってしまい、太る原因になってきます。

3食食べるのは大切かもしれませんが、遅く起きて朝食を取った後、お昼になったから食べるといった食生活では太るのも当たり前です。朝遅く食事をした場合には、お昼を控えるか少なめに取るように心がけましょう。

あまりかまずに丸呑みのように、あっという間に食べてしまう

たくさん夕食を食べたはずなのに、お腹がすいたからと寝る前に間食をしてしまうなど、変な時間帯に間食をしていませんか?

夜22時以降の食事は太る原因を作り出しますし、早くお腹が減るのは、よく噛んで食事をしていないことが原因です。人の脳は噛むことで満腹中枢を刺激し、自然と食欲を抑えてくれますし、噛んで食べることで消化吸収も良くなり、胃にも優しいだけでなく血糖値が上がり始めた頃にはもう満腹感を感じることができます。

だらだらと食事を続けてしまう

テレビや携帯・パソコンなどを観ながらいつまでもだらだらと食事を続けてしまうと、食事に集中できないので脳にまで食べている事が伝わらず、血糖値の上昇を妨げ、インスリンがずっと出続けることになり、他の部分にまで影響を及ぼしますし、結果としてたくさんの量を食べてしまうことへとつながります。

お菓子が食事代わり

食事を取る時間がない、めんどくさいからといって、お菓子を食事代わりにしてしまう女性も多いですが、お菓子はカロリーは高いですが人に必要なミネラルやビタミンが乏しく、到底食事の代用には向いていません。

おわりに

本人はきちんとしているつもりでも、間違った食生活をしている人も案外多いようです。

高いカロリーの食事をしたいのなら少量にとどめておくか、ゆっくり食事をして満腹感を感じやすくなるように配慮しながら、食事をとるようにしましょう。

ダイエットの天敵!どうしてもお腹が空いた時の対処方法とは?

食べちゃいけないとぐっと我慢し続けていると、少しづつイライラが溜まっていきしまいには爆発してドカ食いしてしまい、今までの努力が水の泡
なんてことは、ダイエットをしているとよくありますが、この暴走を食い止めるにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで、お腹の空いた時の対処方法をご紹介していきます。

ダイエットの天敵!どうしてもお腹が空いた時の対処方法とは?

お腹が空いている状態というのは、脳が直接身体に「空腹」を訴えているわけですが、肝臓の中に含まれている「グリコーゲン」が低下すると血糖値
も下がっていき、脳が空腹状態であることを伝えてきます。

要するに、空腹を感じると血糖値が下がり、食べ物が胃に入ることで血糖値が上がり脳が満足するといった仕組みです。

脂肪が空腹状態の時燃える

脳が空腹を訴えた場合、すぐに食べ物が供給されないと、体内にある脂肪を燃やしてエネルギーに転換しますが、空腹を感じていない時に食べ物を摂取すると、
その分のエネルギーは脂肪として蓄えられますので、結果として「肥満」に近づいていくのです。

ダイエットに打ち勝つ!空腹に打ち勝つ方法

丁寧に歯を磨く

歯磨きをすれば、もう物をい食べれない状態という、気持ちの仕切りなおしができますので、もう食べることができない状態に自分を追いやってしまいます。

歯磨きにはさわやかなミント成分が入っているので、気持ちもまぎれますし、ミントの香りで食欲も抑えることができます。

ガムを噛んで脳を誤魔化す

ガムを噛むことで脳にある満腹中枢を刺激すると、何度も噛んでいるうちにもう食べた気持ちになり、満足感を得ることができます。

何度も噛むことが必要なするめやこんぶでも代用可能です。

お腹が減ったら水や炭酸水を飲む

水はお腹がふくれますし、炭酸水なら炭酸の力でより空腹感を解消することができます。

軽い運動で空腹感を誤魔化す

運動をすると、肝臓にある糖分が血液に流れ出ていき血糖値が上がるので、食欲制限効果のあるセロトニンの分泌を促し空腹感が満たされます。

おわりに

このほかに、柑橘系やミントの香りはイライラや空腹感を満たすことができます。

ダイエットの敵である空腹感を誤魔化しながら、より良いダイエットを目指しましょう。

イライラせずにダイエットを続けられる4つの秘訣

ダイエットをしているとイライラしがちです。
感情ををコントロールできずに自己嫌悪・・・なんてことも。
そうなる前に、イライラを抑制しましょう!

目標は低めに

最終目標が−5kgだったとします。
「1カ月で達成しよう!」と考えるとプレッシャーですよね。
もし5kg減らせなかったらヤル気を失くしかねません。
ですからまず、「1カ月で1kg減らす!」と、クリアしやすい目標に設定します。
それが達成できれば成功。
2kg以上減らせれば大成功!と、なるべく自分を褒めてあげられるようにしましょう。

適度に体を動かす

運動が苦手な人は、出来るだけ食事制限だけで痩せようとするでしょう。
しかし食事制限はガマンの連続。
続けて行くのは大変です。
そこで運動。
体を動かすと食欲を紛らわせることができます。
それほどのガマンをしなくても、食事制限がはかどるのです。
手軽にできるスクワットや、踏み台昇降運動などは、運動神経に関係なく出来ます。
「食べたい!」と思ったらとりあえず5分動く。
そんなふうに運動を取り入れてみてください。

寝る

ダイエットしている時はストレスが溜まりがち。
ですからよく寝ることは大切です。
寝ている間に脳がリフレッシュされ、体の疲れも取れます。
そして意識がありませんので食欲と戦う必要もないのです。
ただし寝過ぎはむくみのもと。
早寝、早起きを心がけるようにしましょう。

体重計に乗らない

体重を測るのはダイエットの基本。
でもそれでモチベーションがダウンするくらいなら、しばらく測るのはお休みしましょう。
ダイエット自体はそのまま続行します。
数週間経つと、意外にストンと体重が落ちていたりすることも。

おわりに

せっかく痩せて綺麗になったのに「性格が変わった」と言われたら残念ですよね。
気持ちがトゲトゲしないように、適度に自分を甘やかすのもアリかもしれませんよ。

ウォーキングダイエットが初心者におすすめなワケ

ダイエットを成功させるためにはやはり第一に運動は欠かせません。
とはいってもいきなり、ジムで激しい運動やジョギングなどを突然やみくもに始めても、長く続かないことでしょう。
毎日の仕事などもありますから、無理せずに運動はしたいもの。
そんな希望に一番近いといえるのがウォーキングダイエットです。

ウォーキングの長所

もっとも手軽にできる有酸素運動といわれるウォーキング。
女性にとっては体脂肪を燃やすダイエット効果に加えて、骨や筋肉を強くすることや
汗を流すことによりデトックスや血行をよくする効果もあり、肌美容にもよいとされています。

さらにはウェアやシューズなど最初の経費が少なくすむこともウォーキングのよいところです。
普段職場などの通勤路、電車や自動車の道を使ってダイエットの
時短にもなりますし、習慣づけることができるのでおすすめです。

ウォーキングで気を付けておきたい事

人間の脂肪が燃える基準となるのが、運動して20分といわれています。
ですので20分から30分はウォーキングするべきでしょう。
最初はゆっくりでも短い時間でも構わないので、毎日続けることで必ず体重や体脂肪率に効果が表れてきます。
ウォーキングしていると、だんだんとそのフォームが崩れてきて普通に歩いているのと変わらなくなってしまう傾向があります。
定期的にフォームの見直しをしましょう。
今はスマートフォンのアプリでランニングやウォーキングの距離や、カロリー消費量まで計算してくれますから
継続のモチベーションを保つためにもアプリは必需品です。

おわりに

健康志向の高まりを受けて、ウォーキング人口は増加傾向にあります。
汗をかいた後の達成感などでとても気持ちよいものです。
なにか運動を始めたいけどなにから…と、思っている初心者にはウォーキングが最適です。
そして水分補給は欠かさずに。

ダイエットに組み合わせたい!アーモンドパワーで女性らしい体型に

出典:40代化粧水|Lier
アーモンドのイメージというと「高カロリー」「ニキビができる」などダイエットや美容に不向きな印象がありますよね。
しかし、上手にダイエットに取り入れることによって健康的に女性らしいスタイルを維持することができるのです。
体重だけではなく見た目にも気をつかいたい方は、必見情報ですよ。

お肌ための栄養補給

食事制限をするダイエット中は、脂肪を減らすためにどうしても栄養不足になりがち。
ダイエット成功後お肌がくすんだり吹き出物ができたり、乾燥肌になった経験はありませんか?
必要な栄養を取らないことによって、お肌が自然に持つ再生機能が低下してしまいますし、過剰な皮脂が出てしまう原因にもなるのです。
お肌の健康のためにビタミンB2がたくさん含まれるアーモンドを食べましょう。

リバウンド防止のために1日20粒

アーモンド20粒に含まれている総カロリーは約120キロカロリー。
カロリーダイエットをしている方にとっては高いようにも見えますが、そのカロリーを摂るリスクを打ち破るほどのメリットがあります。
脂を徹底的に排除したりタンパク質を抜くダイエット続けて行くと、効果はあってもダイエットを止めた途端リバウンドする可能性が高いです。
なぜなら体の中が脂の飢餓状態なので、通常の食事に含まれている少しの油にも過剰反応して体に取り入れようとするから。
リバウンドを防止するためにも、ダイエット期間上質な油をと摂る必要があります。
ビタミン豊富なアーモンドは最適と言えるのです。

おわりに

アーモンドを毎日食べることによって髪やお肌がツヤツヤに、欲しいところに脂肪がつくので女性らしいスタイルをキープすることができます。
1日20粒食べて、魅力的な体を目指しましょう。

意外なところでほうれい線の原因となっている4つの生活習慣

アラサー年齢になると気になり出すほうれい線、老けて見られる原因のひとつです。
ほうれい線はいつの間にか出来ているものです。
しかし日常生活のちょっとしたことに注意すれば、ほうれい線が目立つのを防ぐことができるのです。

食べ物をよく噛まない人

噛むことは顎の骨を鍛えることになると共に、口の周囲の筋肉を鍛えることにもなります。
よく噛む人はそれだけ口の周囲の筋肉が運動しているので、頬のたるみを防ぐことができるのです。
柔らかいものばかり食べたり、すぐに水を飲んで流し込んでしまう食べ方をする人は、最低30回はしっかりと噛むように心掛けましょう。

スマホをいじってばかりいる人

どこでも必ずスマホをいじっているのは現代人によくある光景です。
しかしいつでも下を向いていると、頬の筋肉も下に落ちてしまいます。
鏡を見ながら下を向くと、頬が垂れているのが分かることでしょう。
スマホばかりをいじっていると、頬の筋肉がいつしかたるんでしまうものなのです。

ケイタイやスマホ、メールに依存している人

頬は筋肉でできていますので、使わないと減少してしまいます。
口で放さず、無表情にメールやラインに依存している人はそれだけ顔の筋肉を使う機会が少なくなるのです。
いつも真顔でメールに依存している人は、生身の人間と対面するように心掛けましょう。

口が開けている人

しっかりと歯を合わせて口を閉めて入る状態と言うは、意外と頬の力を使うおのです。
いつでも口を開けている人は、頬の筋力が落ちているのですぐにたるんでくるでしょう。

終わりに

ほうれい線は、一度できてしまうと中々解消するのは難しいものです。
「最近顔がたるんで来たかな」と思ったら、すぐに上記に心当たりがないかチェックしましょう。

ダイエットを成功させるためのウォーキング

ダイエットをしたいという人は多いですが、お金をかけずに痩せたい、健康的に痩せたいという願いを持っている点は共通しているかと
思います。
そういった人にお勧めなのが、ウォーキングです。
ジョギングなどハードな運動を行うのは大変といった人にも、簡単に始められるのがウォーキングです。
では、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

姿勢に気をつける

ウォーキングをする時には、姿勢をまっすぐにするように意識するようにしましょう。
そうすることで、全身の筋肉を効果的に動かして、ダイエット効果を得ることができます。
上半身を真っすぐ伸ばすように心掛けて歩きましょう。
0

視線はしっかりと前を向くようにする

歩いている時に、しっかりと前を向くことを心掛けるようにしましょう。
そうすることで、歩く速度が上がり、ダイエット効果が上がります。

下を向いて歩いてしまうと速度が下がってしまいます。
歩きながらスマホをいじったりということをしたくなりますが、しっかりと前を向いて
歩くことに集中しましょう。

少し広めの歩幅で歩く

歩く時の歩幅は、普段歩いている時よりも、少し意識をして広めにしましょう。
そうすることで歩く速度が速くなりますし、筋肉を使うので脂肪燃焼効果が上がるのです。

やりすぎてしまうと、疲れてウォーキングを続けるのが嫌になるので、程ほどにいつもよりも
少し広めで構いません。

おわりに

ウォーキングをすることで脂肪燃焼効果があり、続けることでダイエット効果を得ることができます。
お金もかかりませんので、誰にでもできるお勧めの方法です。

ウォーキングをする時には、景色の良いところを歩くなどして、自分の気持ちが上がるようにすると
良いです。
一回について1時間ぐらいを目安に、週に3〜4回程度行うと、ダイエットの効果が出てきます。
ウォーキングはダイエット効果だけでなく、気持ちをリフレッシュさせることにも役に立ちます。

上で書いた3点に気をつけながら歩いて、ダイエットを成功させましょう。